TOP > Matadors Style Runners スタッフ紹介

マタドール・スタイル・ランナーズのスタッフの多くはスポーツトレーナー! ランニングをコーチするのではなく、動作学や運動生理学のスポーツ科学の視点から、身体に無理のないランニングを推奨しています。 意識してランニングを変えるのではなく、身体を使いやすくするようにランニングを変えて楽に走るように導きます。 



キャプテン  浅見 誠 (Macoto Asami)
IMG_9020_201309041259058a0.jpg

マタドール・パーソナルトレーニングジムやゴールドジム名古屋金山を中心にパーソナルトレーナーとして活躍、トレーナー養成専門学校にてトレーナーの育成も手掛ける。

“これからランニングを始めたい”または“ランニングを始めたけど足や膝や腰が痛くなって思うように走れない”と悩んでいる方々が多いことにパーソナルトレーニングを通じて知り、きっと同じように悩んでいる方は多い、正しく・楽しく走る事を目的により多くの方にランニングの素晴らしさを伝えていきたいとの想いから「ランニングクラブ ”Matadors Style Runners”」を発足。

ランニングのためのパーソナルトレーニングでは、名古屋では実績NO.1! マラソン完走請負人として、「マラソンを走る・走りたい」方々をサポートするためランニングクラブを牽引。




トレーナー 太田 魁星 (Hiromu Imanishi)
imanishi3.png

パーソナルトレーナー・スポーツトレーナーとして活躍。

雑誌[cheek]に特集されるほどランニングを得意とし、多くのランニング愛好家をクライアントに持つトレーナー。 確実に走りを変えるトレーニングには定評あり、楽に走れるようになったと多くの方から支持される東海地区きってのトレーナー。

ケガの予防・改善やパフォーマンスアップを得意としている。

愛知学院大学男子バレーボール部の専属トレーナーとしても活動。

『皆さんが楽しく走る・目標が達成できるためにしっかりサポートしていきます。痛くならない身体・動きをトレーニングで手に入れましょう!それがパフォーマンスアップにも繋がってきます!』




トレーナー 小塚 毅 (Tsuyoshi Kozuka)
kozuka.png

名古屋では数少ない、ランニング専門トレーナー。

自らののランニング経験と運動生理学や解剖学のスポーツ科学を融合させたランニング・トレーニング指導は、他にはない独自の理論を持つ。 “走りが変わった”と多くの方が小塚トレーナーを評価。 

“ランニングはどのスポーツにおいても基本であるけど、ランニングを教えられた経験を持つ方はほとんどいないです。 ランニングはちゃんとすれば怪我もなくなるし、速くもなります!”

楽に長く走れるフォーム作り、心肺機能アップ、傷害予防を得意とし、走るだけでなく、うまくトレーニングを取り入れることによって競技力のさらなるアップをサポート。




トレーナー 芝 純平 (Junpei Shiba)
kiseki shiba

グループトレーニング担当。

こんなとこ走って筋肉痛になった事がないと言わせるトレーニングを提供。 ランニングに必要だけど普段のランニングでは鍛えにくい部分を個人個人の体を観て的確にアプローチ! 

ランニングにおけるパフォーマンス向上、傷害予防を目的としたトレーニングを提供。
パフォーマンス向上のため筋力トレーニングを得意とし、多くのランナーのタイム向上をサポート。

名古屋大学アメリカンフットボール部の専属トレーニングコーチとしても活躍中。




トレーナー兼コーチ 津川 侑士 (Daisuke Ito)

フルマラソンを2時間台で走る数少ないトレーナー。 

決してエリートではなく、自身の苦しんだランニング経験からの指導には定評あり。 怪我も多く経験して、痛みやその処置法・予防法を伝えれる貴重なトレーナー。 

自慢の走力でチームを引っ張り、さわやかな笑顔でランニングの楽しさを教えてくれます。




コーチ 奥田 和佳奈 (Wakana Okuda)

名門実業団陸上部出身のマタドール・スタイル・ランナーズ唯一のランニングコーチ。 現役時代は実業団駅伝の優勝経験も持つアスリート。

現役は怪我で苦しみ、怪我が理由で現役を退いた為、怪我に対する理解はどんなランナーより持ち、怪我で走れないランナーをもう見たくないとの想いからマタドール・スタイル・ランナーズで指導中。 

ランニングの楽しさも苦しさも誰よりもよく知り、ランニングの素晴らしさを伝えます!




| Matadors Style Runners スタッフ紹介 | page top↑
| ホーム | 次ページ

MENU

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク